タイトル2.png
産業用太陽光発電をお考えのお客様へ

工務店やリフォーム業者が太陽光発電に本気で取り組んで頂けない理由は、『儲からない』『専門的知識不足』だったり『商品代金の先払リスク』『太陽光発電メーカーに対する保証金制度による経費の発生』等があげられます。
そして、建設業の慣行である丸投げで太陽光設置会社の利益+工務店の利益でお客様に不利益な提案をしているのが現状です。


『一社の太陽光発電しか提案できない』
『太陽光を頼みたいが高い見積もりが出てきた』


などで、お困りのお客様は、是非SUN ECOへご相談ください。

図面を元に設計し、最適なメーカー、発電や売電シュミレーション、詳細なお見積もり、補助金の事など経験豊富な太陽光発電アドバイザーがお客様に一番最適な太陽光発電をご提案させて頂きます。


面倒な手続きは一切不要です。
太陽光発電アドバイザーが工務店様、ハウスビルダー様、電力会社、電気屋さんとの打ち合わせも全て対応いたしますので、お客様の面倒な手続きは一切不要です。

なぜ太陽光発電なの?

なぜ、太陽光が必要とされているのか?

                                           シャープ画像.jpg  

 

 

これからの時代のエネルギーとして注目が高い太陽光発電システム。近年、CO2をはじめとする地球温暖化・オゾン層破壊・熱帯雨林の減少や地球エネルギー資源の不足など地球規模の環境問題が深刻となっています。 現在、電力ピーク時の電力不足問題が取り上げられており、電力使用量のピークが更新されるたびに新たに発電設備が増設されてきました。その多くは、火力発電によりまかなわれている為にCO2排出量が減少されません。 これらの問題を回避するために、環境負荷の少ないクリーンエネルギーの導入が急がれています。 太陽光発電とは、環境にやさしい発電設備とともに、発電ピークと電力ピークとが重なっていることから『エネルギー問題とCO2抑制』に役立ちます。

太陽光発電は、CO2削減に大きく貢献します

年間に家庭から排出されるCO2の量は平均2163kgと言われております。平均的な3kWシステムの太陽光発電システムを設置すると、石油火力発電と比較して、年間約540kg以上のCO2削減ができ、これは家庭のCO2排出量の1/4に相当します。また、森林が呼吸するCO2に換算すると約894m2に匹敵します。